「資料作成」でやっておくべき最低限のこと

下書きする=「考えてから作る」

自分の経験知から言える事

  1. 何のための資料 ⇒ 例) 企画書の決済を通す
  2. 誰のために作るのか ⇒ 例)決済者 のため :一人に絞るのがコツ
  3. その資料を見て何をしてほしいのか ⇒ 例) 企画書の決済 :一つに絞るのがコツ
    ・2つ以上あるなら資料を分けるのがコツ
  4. 下書きをする
    ① 流れが自然か
    ② 情報の過不足がないか

パソコンで作業をするにあたって注意すべき点(ルール)

  1. フォントの種類 ⇒ 例) 1種類 で統一 :PPT の場合、ゴシック体
  2. 文字の大きさを揃える ⇒ 例) PPT (パワーポイント の場合 )24ポ以上
  3. 画像の縦横比は変えない ⇒ 例)縦のび・横のびさせない

以上が、「資料作成」で、やっておくべき最小限の事になります。

フォローする

前の記事

VBA基本 Lesson9

次の記事

動画でわかるSociety 5.0