健康でボケないためにやる事とは

健康を保つには

食事療法

これまで、色々試してきましたが、無理すると続かない

結局、元の木阿弥

今、続けているのは、三食の量を常に、腹八分目にして、満腹にしない事

朝食は 、コーヒー・シリアル・バナナ

昼食は、ごはん・卵焼き・ひじき

夕食は、ごはん・魚・鍋物・赤身肉のうち一品

これで、体脂肪率10%をキープ

官足法で足裏ゴリゴリ

寝る前に、木の棒で足裏の老廃物を掻き出す

最初は、痛気持ちいい程度で、徐々に強めにする。

参考図書:からだが蘇る奇跡の足もみ

ボケないためには

朝起きたらすぐに20~30分の散歩

以下、Mentalist Daigo さんのオフィシャルブログより引用

脳由来神経栄養因子(BDNF)が分泌される

実際に20分の運動で何が起きるかというと、
脳由来神経栄養因子(BDNF)という物質が分泌されます。
簡単にいうと、
脳にとっての栄養で脳を育てる物質です。
これが分泌されると、
脳が成長しやすくなるので新しいものを学びやすくなったり
ストレスに強くなるということが起こります。

認知力・注意力が高まる

認知力や注意力を高めてくれるドーパミンが分泌されます。

ノルアドレナリンが分泌される

ノルアドレナリンは気分を高めてくれる効果があります。

セロトニンが分泌される

セロトニンは皆さんご存知のように抗うつ効果があります。

ここまで、 Mentalist Daigo さんのオフィシャルブログより引用

フォローする

コメントを残す

次の記事

PowerPointに動きをつける