PC買い替えチョット待って

HDDをSSDに変更とメモリーの追加すればいい

きっかけ

Windows10 のDellのノートブックPC

Dell Vostoro 15 5100 2016年製

windows10 64bit

第7世代 インテル Core i3 7100U HDD:500G メモリー:4G

立ち上がりが遅いし、Excel起動すると、しばらく動かんし、

新しいPCを買わなあかんかな~

「安く」「早く」「無駄なく」3万円ぐらいでなんとかして・・・

いつも、PCの相談にのっている、お客様に依頼されたので

部品代別で、1万円でどうですか?

おそらく、部品代が1万円ぐらいになるはず

2万円やったら新品買うより安いからお願い

と言うことで早速PCを持ち帰り作業にかかることに

PCの内容確認

立ち上がりの状況をタスクマネージャーで確認すると

こんな感じ

dell1-taskmanager
taskmanager

ディスクが100%でHDDが悲鳴を上げているやないか

HDDをSSDに交換した方がよさそう

それに

Excel 起動 で動きが悪いならメモリーも追加した方がいいかな

と言うことで、作業手順と交換部品の確認をすることに

交換部品

ネットで探ってみると、カバーはビスを外して、DVDをスライドさせて取り外し

キーボード裏の フラットケーブル2か所を外して、HDDのコネクタを外せばいい

注意点は、Keyboard側の筐体の上下を外す時に経年での劣化で割れやすいので

そろりぃそろりぃと外すこと

交換部品は、メモリー

Team ノートPC用 SO-DIMM DDR4 2400MHz PC4-19200 4GB

価格:\2,880

SSD

SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD / SSD Ultra 3D 500GB SATA3.0 / PS4 メーカー動作確認済 /

SDSSDH3-500G-G25

価格:\8,061

クローンでデーターのバックアップ

データーのバックアップはLet’s noteで利用実績のあるソフト

EaseUS Todo Backup 12.0(←クリックするとリンク先が別画面で開きます)で

クローンを作成することにしました

その前に、現状 \:C の情報を確認(クローン元)を

ディスク管理で確認

GPT形式でパーティションは5つに分かれている

dell-disk-kanri
ディスク管理

\:E の情報を確認(クローン先)

未割り当て

クローンソフトをインストール

Clone software installation
クローンソフトインストール中

Installation complete
インストール完了
syoki-gamen
初期画面
Cloning completed
クローン作製終了
disk-kanri
ディスク管理

HDDからSSDへバックアップが終了したので、筐体の分割へ

筐体の分割

HDDをSSDに交換とメモリー追加の為、 Keyboard側の 筐体を上下に分割する作業へと移ります

Keyboard removal
キーボード取り外し
Removing screws from lower case
下側ケースのネジ取り外し

元通りに復元するために、ビスをセロテープで張り付けました

筐体上下の隙間をこじ開けるのに使用した小道具はアイスクリーム用のスプン

筐体より柔らかいので傷がつきにくいと判断してDVDを取り外した側の隙間に挿入

kodougu
小道具スプン

そろりぃそろりぃとスライドさせて上下セパレートに成功!!

部品交換

HDDを取り外し

HDD
HDD取出し

バックアップ したSSDと入れ替え

SSD 500G

4Gのメモリーを追加

4G-memory
4Gメモリー

部品交換後の確認

CPU-Zで確認 交換前メモリー

CPU-Z
交換前メモリー

CPU-Zで確認 交換後メモリ

CPU-Z
交換後メモリー

BIOS起動

バックアップしたSSDが一番最初に起動するようにBIOS画面で起動する順番を変更

BIOS-set
BIOS選択画面

0xc000000eのエラー対応方法3つ

0xc000000eのエラー表示でWindows10が立ち上がらない

error-0xc000000e
error-0xc000000e

対応方法をググってみると

対応パターン1

bootrec /rebuildbcd

bcdboot C:\Windows /l ja-jp

対応パターン2

回復ディスクを作成し、起動

トラブルシューティング→詳細オプション→コマンドプロンプトと選択

以下のコマンドで修復するディスクのドライブレター(c:とかd:)を確認

diskpart

diskpart>list disk

diskpart>select disk 0

diskpart>list partition

diskpart>list volum

次に以下のコマンドでブート構成情報を表示

bcdedit c:

identifierが{bootmgr}のdevice、

{default}のdeviceと

osdeviceがそれぞれunknownになっていたので、以下のコマンドで設定

bcdedit /set {bootmgr} device partition=C:

bcdedit /set {default} device partition=C:

bcdedit /set {default} osdevice partition=C:

再起動→OSの起動を確認。終わり

対応パターン3

今回、私が行った方法

Windows10を https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

からダウンロードして他のPCにインストールできるUSBを作成

先ほどのUSBを使ってWindows10をクリーンインストール

アプリケーション再インストール(DVDやCD,クラウドを使用)

データーの戻し(元のHDDからUSB接続で)

各種設定

結果

Windows10の起動もアプリの起動も体感で来るぐらい速くなりました

クリーンインストールをすることによりPC内データの棚卸が出来たのも

相乗効果としてあると思われます

フォローする

コメントを残す