読書感想:アウトプット大全

精神科医:樺沢紫苑 著書

アウトプット大全

を読んでの感想です

96個のやって見たくなる解説が

見開きで確認でき、図や写真

大事な文言は青色で記してあり

本当に分かりやすい本です

この本の気づきから自分の仕事に

当てはめて見ると

パソコンの使い方を

パソコンに不慣れな方に教えることを

生業としている私の経験から

INPUT:3割 が理解させる適量であり

OUTPUT(問題を解いたり、操作をする)ことを7割にして、

習うより慣れろ方式」で、取り組んでもらう。

それに加えて、そうする理由を考えてもらい、

フィードバックを行う事で、

丸暗記では忘れやすい操作も、印象に残りやすいと言う

結果が出ています

フォローする

コメントを残す

前の記事

Zoomは楽しい