知らないと損する「教育系YouTube」Vol.1

何故「テレビ」より「YouTube」?

例えば、TV情報系バラエティー番組

1.よく出ているのは大手芸能事務所の方々
 一度見たことを何度もやっていて
 新鮮じゃない

2.自分にとって好感度が低い方も目にする

3.情報の内容が浅い
 視聴者が誰でもわかるように、内容を義務教育修了者=中学生ぐらいがわかる程度に
 しなければいけない縛りがある

「YouTube」なら

1.一般人やユーチューバー、芸能人
 内容が新鮮

2.自分にとって好感度が高い方を選べる

3.情報の内容が深い
 浅いものもありますが、選択できる
 視聴者=中学生ぐらいの縛りがないので
 専門的なことも題材に使っている
 たとえ、専門的過ぎて
 わからないことは、検索すれば、別のYouTubeがある事が多い

そんな魅力のある「YouTube」を「見る」のに
知っておいたほうがいい、便利な使い方を、数回にわたって解説します

今回は、ここまで

フォローする

コメントを残す