人間の尊厳とは

介護職員初任者研修受講中に思うこと

尊厳とは、「すべての人、一人ひとりが個人として尊重されること」

人は誰もが「世の中の役に立っている」・「家族や社会に必要とされている」と実感できたとき、尊厳が保たれる。

その人が「これまで営んできた生活を実感」しながら日々の生活を送る事ができる。

尊厳のある暮らしを継続することで、個々の人が積極的に日々の生活を営み、やりたいことを思い、希望をもって生きる気持ちになる。

これは、介護が必要な人に限った事でなく、すべての人に言える事で、今の日本で「尊厳」をもって生きている人はどれくらいいるのだろうか?

「パソコン学ぶ.com」を運営する中で「尊厳」をもって生きる人を増やすための活動の一翼をになえればと思います。

フォローする

前の記事

カプレカ数